スポンサーリンク

【閲覧注意】梅毒に感染した女の自撮り

スポンサーリンク
      

2ちゃんねる「エイズ女の自撮りエロ画像wwwww」より。

世界的に大量の感染者を持つエイズ(AIDS)、特にアフリカなどの発展途上国では約2500万人がエイズに感染し、アジアやアメリカの先進国においても性交渉を原因に若者を中心にエイズは広まっている。そんな不治の病エイズだが、治療技術の向上により死までに至るケースは減少しているが、進行状況や治療の仕方によっては街がないなく死にまで至る恐ろしい病気であるのは間違いない。そんなエイズ感染者のエロ自撮りとは一体どういった物であろう?スレに貼られた若い女性の画像は下半身に紫色の斑点が大量にできており、そんな物を気にする様子もなくM字開脚でマンコをおっぴろげている何とも闇の深いエロ画像である。

 

エイズではな梅毒に感染していた?!【自撮り】

エイズの感染者のエロ自撮りとして貼られた素人女性の自撮りエロ画像だが、紫色の発疹や斑点は下半身に集中していることからエイズではなく梅毒の可能性が高い、何故ならエイズの発症者なら下半身だけではなく全身、特に顔に発疹が発生しやすい。しかもエイズ(AIDS)の潜伏期間は10年といわれていることから被写体の素人女性が10代あるいは20代前半とみられることからいくら、ビッチなヤリマンであっても、症状を発症する年齢には至っていないこと。しかし、梅毒になってまで自身のエロ自撮りを撮影すると言うのもおかしい、私が思うにキスマークというのが一番濃厚であろう。

コメント

  1. […] 【閲覧注意】梅毒に感染した女の自撮り […]

タイトルとURLをコピーしました