スポンサーリンク

#宮迫博之、金塊強奪犯と”ギャラ飲み”の決定的証拠が! 吉本興業は解雇処分で事実上の引退か

収まりかけていた「闇営業問題」が、よもやの方向で再び着火した。

詐欺グループのパーティに参加し、100万円のギャラをもらっていたことで芸能活動を休止中の雨上がり決死隊・宮迫博之に新たな疑惑が浮上したのだ。

「7月19日発売の『FRIDAY』(講談社)が、2016年に福岡県で発生した7億6,000万円の金塊強奪事件の主犯格とされる野口和樹被告との交遊写真を掲載。16年に大阪・北新地のキャバクラで撮影されたようですが、上半身に入れ墨の入れている野口被告のほか、同席者たちも上半身にビッシリ入れ墨があったといい、彼らが“普通”ではないことを宮迫も認識していたはず。宮迫は同席者から謝礼を受け取る、”ギャラ飲み”をしていたことから密接なつながりがあったことが伺えます。これが決定打となり、宮迫は吉本興業を解雇され、事実上の引退に追い込まれる可能性が出てきています」(芸能記者)

この「金塊強奪」のフレーズといえば、思い出されるのがジャニーズのNEWS・手越祐也だ。

「この事件では10人ほどが逮捕されていますが、同じ金塊強奪グループの小松崎太郎容疑者がフェイスブックに手越の写真をアップしたことで“黒い交流”が囁かれました。また、逮捕された10人ともがそれぞれ芸能人と繋がりを持っているとされ、オネエキャラのタレントGENKINGやお笑いタレントの長州小力、一発屋歌手”の鼠先輩も容疑者たちとの“記念撮影”が明るみになっています。また、容疑者の一人は有名グラドルと付き合っているという噂もあるといい、今後は“第2の宮迫”が続出し、芋づる式にやり玉に上げられる可能性もあります」(前出・芸能記者)

「闇営業問題」の次は「金塊強奪グループと芸能人」が、世間を賑わせることになるのか。

引用元 https://www.cyzo.com/2019/07/post_210312_entry.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました