スポンサーリンク

#ノンスタ井上 今度は騒音トラブルに好感度急落「コンプラ意識の低さ」で仕事激減の可能性

お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、自宅マンションで深夜に大騒ぎをし、警察が出動する近隣トラブルを起こしていたと、7月18日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

記事によると、7月7日の深夜、井上は自宅で後輩芸人や女友達とともに焼肉パーティーを開いていたという。しかし、焼き肉の煙を屋外に逃がすべく、窓を開けていたところ、室内での騒ぎ声が漏れ、耐えかねた近隣住民が通報。警官が出動し、井上を注意したというのだ。

この件について、井上は女性セブンの直撃取材に対応。笑顔を見せながら、事の顛末を説明し、「今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」とコメントしている。

「深夜の大騒ぎで警察が出動する近隣トラブルは、決して笑えるレベルのものではない。しかも、過去にも同様に大騒ぎをして、警察に注意されているということで、まったく反省していないようにも見えます。たしかに、井上さんはポジティブキャラではあるけれど、こういう態度なのはどうかと思いますね。ちょっとトラブルメーカーというイメージが強いし、強いバッシングになる可能性もあるので、今後はちょっと番組なんかで起用しづらくなるのでは?」(テレビ局関係者)

井上といえば、2016年12月にタクシーへの当て逃げ事故を起こし、謹慎していたこともある。当時の様子を知るお笑い関係者はこう話す。

「井上さんは、危機管理能力に欠けるところがあって、タクシーに当て逃げしたときも、事の重大さがよくわかっておらず、そのまま走り去ってしまったということでした」

当時の会見で井上は、「当たったのではないかなという感じはあった」としながらも、「どこか自分の都合のいいように解釈して、当たっていないのではないかと思い込んでしまい、その場を離れた」と説明していた。

「ポジティブな性格というよりも、完全に都合よく解釈するタイプ。周囲から何か注意されなければ、何をやっても問題ないと思っている節があるのでは。この感じだと、いつかとんでもない不祥事をやらかすのではないかとも心配です」(同)

タレントに対して、私生活でのコンプライアンス意識が強く求められる昨今。あまりにもポジティブ過ぎる井上が芸能界で生き残るには、根本的な意識改革が必要となりそうだ。

 

引用元 https://www.cyzo.com

[amazon_link asins=’B07SZGSZGJ’ template=’ProductCarousel’ store=’entame.hadaka.work-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f812dee2-cb91-4c97-b2bd-2f661cd7caf0′]

コメント

タイトルとURLをコピーしました