スポンサーリンク

宮迫博之、吉本解雇も”俳優”で復帰案「演技力は折り紙つき」唐沢寿明が救いの手か

吉本興業が7月19日付で、雨上がり決死隊・宮迫博之を契約解除したことを発表した。

宮迫は、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)にて反社会的勢力相手の「闇営業」が報じられていたが、7月19日発売の同誌に金塊強奪グループとの「ギャラ飲み」をしてことをスッパ抜かれ、自ら引退を申し出たという。

「同日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、 同局の玉川徹氏が『もう(反社と)密接交際者である可能性も疑われる。法律ではなく条例なんだけど、付き合っている一般人も責任を問われる状況。もう仕事ないでしょ、今後。テレビも使えないでしょ』とコメント。一方で、お笑いコンビの飛石連休・藤井ペイジは『一人の人間を社会的に抹殺するほどのことか?』と疑問を呈すなど、反応はさまざま。ネット上でも宮迫の引退を惜しむ声も聞こえてきます」(テレビ誌ライター)

すでに、吉本興業のサイト内の公式タレントプロフィールには「雨上がり決死隊 蛍原徹」とあり、コンビ解消となっている。そんななか、宮迫の今後を芸能関係者はこう予測する。

「俳優に絞れば、芸能活動を続けていくことができると思います。そもそも吉本とは契約書を交わしておらず、移籍しても芸人でなければ“圧力”も効かない。法に触れたわけでもないですから、ほとぼりが冷めれば映画やネットドラマであれば起用したいところも出てくるはず。親交のある唐沢寿明が手を差し伸べるのではとの観測もある。もともと宮迫は俳優志望だった芸人。松田優作に憧れて演技の勉強をするためにお笑い世界へ入ったのは有名な話で、その演技力は折り紙つきです。獲得に手を挙げる俳優系の事務所があるのではないでしょうか」

「闇営業」では他の芸人たちが“芸”を見せていた中、一人だけ“カラオケ”をしていた宮迫。芸がないなら俳優で復活を目指すのは正解かもしれない。

 

引用元 https://www.cyzo.com

[amazon_link asins=’B07STJ12KZ,B07PGNKR7C,B07NWZFY5H,B07TV57N9D,B07TFCYFTC,B07T1B62DH,B07TK1XWTR,B07RJVZG8C,B075DR24GF’ template=’ProductCarousel’ store=’entame.hadaka.work-22′ marketplace=’JP’ link_id=’19245b12-d9e0-4f77-aebb-ce771cdbcb5b’]

コメント

タイトルとURLをコピーしました