スポンサーリンク

高校野球タイブレークとはどんなルール?

 

2018年8月5日(日)から始まった2018年夏の高校野球。暑い日本列島をさらに熱くしていますね。そんな2018年夏の高校野球では、あるルールが導入されていることをお気づきでしたでしょうか。

とはいっても正確には、春の選抜から導入されていた『タイブレークルール』。サッカーで言う所のPK戦のように、勝負をつけやすくするためのルールですね。

そのタイブレーク制について解説していきます。既に2018年夏の甲子園でも、長野県の佐久長聖と、北北海道の旭川大高の試合では、タイブレークルールにより勝負が決まっています。

 

タイブレーク制はのルールは、このようになっています。

(1) 12回終了時に同点の場合、13回からタイブレークを開始する。
(2) ノーアウト、走者一・二塁の状態から行う。
(3) チームは、タイブレーク初回の攻撃を開始するにあたり、打順を選択することができる。(次回以降は前イニング終了後からの継続打順)
① 両チームは10回終了時に配布する「選択打順申告用紙」に、タイブレーク初回となるときの「先頭打者氏名」「一塁走者氏名」「二塁走者氏名」を記入する。
② この場合の2人の走者は、前項の先頭打者の前のものが一塁走者、一塁走者の前の打順のものが二塁走者となる。(投手、捕手も走者となる)
(4) 後攻のチームがタイブレーク開始回直前の攻撃時に代打および代走を用いた場合、守備につく選手を(申告用紙を提出する前に)球審に申告する。
(5) タイブレーク開始前に両チームの主将は本塁上に集合し、大会役員立ち会いのもと、記入済みの「選択打順申告用紙」を球審に提出し、審判委員と両チーム主将が確認する。これ以降で、守備側の選手交代およびポジション変更、攻撃側の代打および代走は認められる。
(6) 延長回に入り、降雨等でやむなく試合続行が不可能となった場合は引き分け再試合とする。
(7) タイブレーク開始後、15回を終了し、決着していない場合はそのまま試合を続行する。但し、1人の投手が登板できるイニング数については、15イニング以内を限度とする。(例えば、13回2/3で降板した投手が再登板して投球できるのは、1回1/3である。但し、ダブルプレイなどによって、結果的にそれを越えた場合は認める)

出典:一般財団法人兵庫県高等学校野球連盟

先攻 後攻
1回表裏
10回終了時 選択打順申告用紙に、下記3名を記入

  • 先頭打者氏名
  • 1塁走者氏名 … 先頭打者の前の選手
  • 2塁走者氏名 … 1塁走者の前の選手

※ピッチャーもキャッチャーも走者となる。

11回表裏
12回表裏 同点 代打・代走を出した場合には、守備につく選手を球審に申告用紙にて申告
12回終了後 大会役員も立ち会う中、各主将が本塁上で『選択打順申告用紙』を球審に申告。
審判委員と各主将が確認。以降の守備選手交代、攻撃代打・代走は可能。
13回表~ タイブレークルール開始 ノーアウト/走者1・2塁
15回終了 同点の場合、試合続行

13回以降で、雨などで試合が続けられない場合には、引き分け再試合となるそうです。

一人のピッチャーが投げられるイニング数は、15イニング以内。例えば、一度降板した選手が再度、投げる場合にはそれまでのイニング数もカウントする。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました