スポンサーリンク

沢尻エリカ、ラブホ街のクラブで頻繁に目撃されていた“ハイテンションな夜遊び姿”

女優・沢尻エリカ容疑者が16日、合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁組織犯罪対策部第5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕され、波紋を広げている。

最近はテレビや映画、ドラマなど活躍が目立っていたことから、今回の逮捕を受けて一部では5億円以上の損害賠償が発生するとも言われる中、所属事務所エイベックス・マネジメントは公式サイトにて「現在事実関係を確認しております」とし、「本人の処遇につきましては、捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処して参ります」とのコメントを発表した。

所属タレントの管理責任により、同事務所にも世間の批判の矛先が向きそうだが、同事務所関係者はこう明かす。

「過去に週刊誌で違法薬物疑惑が報じられたこともあり、ドラッグの使用を疑っているスタッフもいたが、ここ数年の彼女の評判は現場でも悪くなく、沢尻との契約に関しては“会長案件”ということもあり、実際のところは自己管理に任せていた状態です。沢尻は元々が気分屋でその時の感情に左右されるところもありましたが、そういう女優さんはたくさんいますからね。たとえ不機嫌であっても、人間関係や仕事に支障を来たすような態度や物言いになることはなく、『エリカ様も大人になったんだな』というのが率直な感想でした。せっかくNHK大河ドラマも決まって、女優として一皮剥けるタイミングだったのに、ウチにとっても大きな痛手です」

仕事現場での態度や振る舞いには多少の成長が見られていたエリカ様だが、ことプライベートに関しては変わらない趣味もあったとか。

「彼女は若い頃からクラブ好きで有名で、その筋の人間の間では昔から知られた存在でしたが、最近のお気に入りの渋谷のラブホ街にあるクラブをはじめ、女優として再ブレークしてからも相変わらず目撃談は後を絶たなかったです」とは渋谷の飲食店関係者。さらに、こう続ける。

「フロアではとにかくテンションが高くて、VIPはもちろん、一般客が集うバーカン(バーカウンター)で泥酔している姿も何度か見掛けたことがあります。さすがに『女優がこんな目立つところで大丈夫か?』と思ったほど。ただ、羽振りも良く、『沢尻エリカがよく来る』というのは、ちょっとした宣伝にもなるので、オーナーやスタッフらこちら側の人間からすると有難い面もあり、他の有名人同様、それなりに丁重に対応はしていました」

もっとも、「一部のクラブにはフロア内でドラッグを使用しているという噂が出ていたことで姿を現さなくなっていたとか。もしかすると摘発などを恐れて、店側からそれとなく忠告されていたのかもしれませんね」(前出の飲食店関係者)といった証言も。

今回、警視庁組織犯罪対策5課は沢尻容疑者が逮捕前日の夜に渋谷区円山町のクラブに足を運ぶことを事前に察知したうえで、逮捕の決め手となる捜査に動いていた。

近年は仕事の現場では大人しくいたのかもしれないが、プライベートでは変わらず“悪女”ぶりを発揮していた沢尻。その姿は嫌でも夜の渋谷で目立っていたようだ。

 


不能犯

hadakawork003

コメント

タイトルとURLをコピーしました