スポンサーリンク

神田沙也加が離婚公表 今年6月には夫婦共演で仲良しアピールも 一方、村田充のファンは「だからか……」と納得?

2017年4月に結婚した女優の神田沙也加(33)と俳優・村田充(42)が、4日、離婚していたことを発表した。

2人は同日、ともにブログを更新。神田は「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした」「何度も歩み寄りを試みましたが、わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました」と離婚理由を明かし、村田も「子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず、互いを尊重し、前を向いてそれぞれの人生を歩むという結論に至り、今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」とコメントしている。

公表が遅れた理由については、互いの仕事への影響を考慮し、報告は来年1月まで控える予定でいた中、村田が週刊誌の記者から別居、不倫、離婚の事実について問われることがあったそう。その際、村田は「別居についてはお認めしました。不倫については否定をさせていただきました」と説明。神田はすでに一部でジャニーズJr.「MADE」の秋山大河との交際が報じられているが、離婚成立後に、神田からからプライベートの報告もされていたといい、「ご報告の時期を年始と考えていたため、事実とは異なりますが離婚についても否定をいたしました」と明かしている。記事が公になった際の混乱を避けるため、このタイミングでの公表になったようだ。

神田は「充さんは勿論、記事に関係するかた、関係者の皆様にもご迷惑をお掛けしてしまう事となり、一刻も早くご報告すべきだったと深く反省しております」と謝罪。村田も「離婚のご報告が遅れましたことで関係各位ならびにファンに皆様に対しまして、大変なご迷惑、ご心配をお掛けしますことを、深くお詫び申し上げます」と綴っている。

「SNSや神田さんのYouTube動画でも、仲良しぶりをアピールしていただけに、ファンからは驚きの声が上がっています。村田さんは結婚した年の10月から耳の病を理由に活動休止していましたが、今年6月に朗読劇 『私の頭の中の消しゴム 11th Letter』で神田さんと夫婦役で共演し、約1年半ぶりに舞台復帰しました。この作品は、日本のドラマをリメイクした韓国の大ヒット映画が元になっていて、若年性アルツハイマーを患い記憶障害に侵された妻と、彼女を献身的に支える夫を描いた『夫婦愛』がテーマ。夫婦共演ということで2人の出演が発表されたときからファンの間で大きな話題となりました。実際に幕が開けるとカーテンコールなどでも仲睦まじい様子をみせていただけに、『本当に素敵なご夫婦だったから残念』『また夫婦共演が見れると思ってたのに』『夫婦共演どんな気持ちでやってたのか……あの時は大丈夫だったのか……』との声も続出しています」(ある演劇ファン)

一方では、こんな声も……。

「村田さんには以前から、ニコニコ超会議で開催された『超振付選手権』で優勝した過去を持つ有名な踊り手・喘息なのではないかとの噂がありました。公表はしていなかったものの、その姿が村田さんに似ていたり、プロフィールも一致することから、本人ではないかと有力視されていたんです。喘息さんは村田さんが結婚した17年に踊り手を引退し、動画やTwitterアカウントも削除されました。しかし、そんな喘息さんが先日復帰し、TwitterやYouTubeチャンネルを開設。ファンたちは大興奮し、Twitterでは『喘息さん』がトレンド入りを果たすなど、大反響を呼びました。今回の離婚発表を受けて、村田さん=喘息さん説はより強まり、ネット上では『喘息さん復活の理由をテレビ見てて理解した』『だから復活したのか』『嬉しいけどなんか複雑』との声も上がっています」(サブカルライター)

ちなみに、村田はブログで「婚姻関係は解消をいたしましたが、沙也加さんの理解者として、今後もサポートは続けていく所存です」と綴っており、あくまで「円満離婚」であることを伝えている。とはいえ、神田は現在日本語吹替キャストを務める『アナと雪の女王2』が公開中。少なからず影響を与えそうだ。

 


【メーカー特典あり】 アナと雪の女王 2 オリジナル・サウンドトラック【特典:ポストカード(5種ランダムの中から1枚)付】
hadakawork002

コメント

タイトルとURLをコピーしました