スポンサーリンク

性処理係なのに! 平手友梨奈、『ザ・ファブル』出演決定に原作ファンからどよめきの声

 

 原作ファンに納得してもらえるだろうか。

 V6・岡田准一主演の映画『ザ・ファブル 第二章』が2021年に公開されることが決まった。この『ザ・ファブル』は南勝久氏の人気同名マンガ(講談社刊)が原作。岡田演じる伝説の殺し屋が、ボスの命令で殺しを封印、「佐藤アキラ」という偽名で生活を始めるストーリーだ。

 今作では新キャストとして欅坂46の元メンバー・平手友梨奈が過去のある事件をきっかけに心を閉ざした車椅子に乗る少女・佐羽ヒナコを、堤真一がファブルの前に立ちはだかる最恐の男・宇津帆(ウツボ)役として出演するという。

「2019年に公開された第一章は激しいアクションシーンなどが話題となり、累計130万人以上を動員。興収17.7億円のスマッシュヒットを記録しました。平手は『今作のヒロインということで不安とプレッシャーがすごくありました。また、佐羽ヒナコという役に対しても、なぜ私なんだろうとビックリしたのを覚えています』とコメントしています」(映画ライター)

 しかし、ビックリしたのは平手だけではない。原作ファンやアイドルファンからは、平手がヒナコ役に起用されたことに驚きと懸念の声が相次いでいる。

「ヒナコは過去の事件で重傷を負い、両足が不自由になり車椅子で生活しています。自分の両親を殺した相手に復讐するため、詐欺や脅迫、殺人を生業とする闇の住人・宇津帆に付き従っているのですが、原作では宇津帆の性処理係もさせられており、強制セックスの描写もあります。
 こういった関係性が後に真相を知った際の『屈辱感』を増幅させる大事な要素なのですが、平手が起用されたことで台本が大きく変わる可能性がありそう。平手も原作を読んだそうで、濡れ場が満載だったのを見て『なぜ私なんだろう』と思ったのでしょう」(前出・映画ライター)

 ネット上では「エロシーンやるなら評価する」「ちゃんとしゃぶるんだろうな?」「えぐい役を人気アイドルにやらせるんだな」との声が飛び交うなど、早くも気になっているファンが多いようだ。

「もっとも、同作にレギュラー出演する木村文乃が19日の『ZiP!』(日本テレビ系)で語ったところによれば、平手は撮影現場で『楽しそうにケラケラ笑っていた』といいますから、そんな様子では艶っぽいシーンは皆無だと予想されます」(前出・映画ライター)

 他に適任の役者がいたのではなかろうか。

 

性処理係なのに! 平手友梨奈、『ザ・ファブル』出演決定に原作ファンからどよめきの声 (1)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました